不貞行為

悩んでいませんか?

  • 夫が何年も不倫を続けている…
  • 夫が不倫相手のところにおり、家庭や子どもをかえりみない…
  • 不倫を続ける夫に愛想がつきた…離婚したい…
  • 夫が不倫をしているようだが、確証がない…

多くの方がこのように悩んでおられると思います。
当然ですが、離婚をお勧めしているわけではありません。
しかし、精神的苦痛や子どもへの影響などを抱えて悩んでいることは決して良いことではありません。
悩んでいるけども解決しないという場合は私たちに一度ご相談下さい。

不貞行為の話

  1. 不貞行為の慰謝料は不倫相手へも請求できる

    相手に配偶者がいることを知りながら不貞行為(不倫関係)を続けている場合は、慰謝料を請求できます。証拠があれば、請求に応じる可能性は高くなります。

  2. 不倫相手から慰謝料を請求できる場合とは

    ・不倫相手が配偶者と肉体関係をもっている場合
    です。
    ただし、
    ・すでに夫婦関係が破綻している場合
    ・配偶者から十分な慰謝料をもらっている場合
    には、相手からの慰謝料は相当程度減額ないし認められない場合もあります。

  3. 離婚原因として認められない不貞行為も

    ・1回だけの不貞行為
    このような場合、不貞行為としては当然認められますが、離婚理由として認められることは難しいです。
    離婚原因として認められるのは「一定程度の継続的な肉体関係がある」など婚姻生活の継続が困難になるほどの場合となります。

不貞行為による離婚や慰謝料の請求については、個々のケースによって金額も離婚の可否も変わります。 配偶者に不貞行為をやめるように話しても解決しない。または悩んでいても解決しないのであれば、一度当事務所へご相談下さい。

お問合せフォーム

当事務所の特徴

1.相談者様目線でじっくり話を聞き、最良の解決方法へ導きます。

まずはゆっくりご相談者様のお話をお聞きする環境を作っております。
疑問点、ご不明点気兼ねなくご質問ください。
お話をお伺いして弁護士の立場から様々な解決方法を提案いたします。

2.早期に全体のながれを説明しております。

早期に全体のながれを説明。準備しておくべき内容をお伝えします。

3.離婚後の生活についても丁寧に説明します。

離婚後の生活費、子供の養育費、利用できる各種制度についても説明しております。

4.難しい内容、用語もわかりやすく説明致します。

法律用語はどうしても難しい言葉だらけ。しかし、なるべく専門用語はわかりやすく説明して、納得して頂けるよう配慮しております。

5.気さくで親しみやすい弁護士として相談者様と末永いお付き合い。

ご相談後も様々なお悩みに気軽にお応えしております。

  1. 夫が特定の女性と5年以上も不倫を続けている。もう離婚したい…離婚前より不倫の事実である証拠を押さえていたため、その証拠を突きつけて離婚は成立しましたが、夫に資力がなく、慰謝料は獲得できませんでした。
    ただ、相手側の女性に対しても同じく証拠を突きつけて慰謝料を請求し、こちらは無事に慰謝料を支払ってもらいました。いまはお子様と穏やかな生活を続けられています。 事例1
  2. 夫の不貞行為が原因で離婚の危機夫が若い女性と不貞行為を続けている事実を知りました。しかし、子どものこともあるので離婚したくない。そこで携帯電話のメールにて証拠を掴み、慰謝料請求を当事務所に依頼されました。
    不倫相手も不貞行為の事実を認め、相談者に対して慰謝料を支払い、今後は二度と夫とは会わないとの誓約もしてもらい、不貞行為も解消されました。
    夫も改心し今では幸せに暮らされています。事例2

ご依頼の流れ

  1. まずは下記送信フォームよりお問合せいただくか、事務所にお電話下さい。
  2. 送信フォームの内容を拝見しご連絡させて頂きます。
  3. 現在の状況をお話し下さい。わかりやすくご説明致します。
  4. お話をさせて頂いた上で、当事務所にご依頼されるか決定ください。後日、連絡して頂いても結構です。
  5. 当事務所にご依頼いただける場合は委任契約となります。
  6. 開始後もご不明点などはわかりやすくご説明いたします。

アクセスマップ

住所

〒541-0042 大阪市中央区今橋4丁目3番22号 淀屋橋山本ビル5F

交通アクセス

御堂筋線 淀屋橋駅 9番出口から西へ徒歩3分
四つ橋線 肥後橋駅 5B番出口から東へ徒歩5分


大きな地図で見る

お悩みであれば気軽にご相談ください

お問合せフォーム